役員紹介

代表取締役社長/CEO 野村正和(Masakazu Nomura) 

新卒入社の鉄鋼会社で人事としてリストラ最前線を担当。常務役員のゴーストライターを務めながら「日本の終身雇用制度は壊れた。今後は自分の力で生きてゆく時代。」と考え、2000年にウェブシステム開発会社を起業。全くの未経験から5年間経営する中、開発した総務省向け「政策評価システム」全文検索データベースが評価され、政府による正式OSS調達のきっかけを作った。その後、ヤフーにてウェブ検索、地図、路線など大規模サービス運営COO直轄マーケティングPJを経験、トヨタコネクティッドではコネクティッド戦略中核である車両データ事業立ち上げや、知財戦略にかかわる。直近の楽天グループではTech領域における品質強化を推進。また、本社COVID-19ワクチン職域接種PJ立ち上げでは、日々の高速改善により5千接種超/日を実現し、PJの社長賞受賞に貢献した。

最終学歴:名古屋大学 経済学部 経済学科(1994年卒)

略歴
1994年~1997年日本鋼管株式会社人事・労務担当
2000年~2005年有限会社ビットプライズ代表取締役社長
2005年~2012年ヤフー株式会社企画・ディレクション/PM
2012年~2019年トヨタコネクティッド株式会社
トヨタ自動車株式会社(出向)
グループマネージャー
2019年~2020年日本テラデータ株式会社シニア・ビジネス・コンサルタント
2021年~2021年楽天グループ株式会社Tech品質&標準化・プロジェクトリード
2021年~ライフジェンス株式会社代表取締役社長/CEO
取締役副社長/COO 松下 敦士(Atsushi Matsushita)

学生時代に事業を起こしたいと考え、20代は大手からベンチャーまで多くの会社を経験、経営者直下で新規事業企画・広告などの業務を行う。2002年には名古屋においてWEB・ 広告物制作会社を創業。2010年ころ紙媒体中心の広告業務に限界を感じ、出版、飲食などの事業とともに障害者福祉の事業をスタート。福祉の事業では、旧態依然とした業界にIoT技術を取り入れ、スピード感のある事業運営を行う。 2018年には社会福祉法人を設立し保育園の運営を始めた。現在は、障害者や子どもの未来を考え、持続可能な社会を形成するための新たなビジネスを模索している。

最終学歴:名古屋大学 工学部 建築学科(1994年卒)

略歴
1994年~1997年積水ハウス株式会社戸建て住宅の設計
1997年~1998年株式会社アサヒドーカメラ広告・経理担当
1998年~1999年株式会社クロップス営業企画・広告担当
1999年~2000年株式会社トーシンホールディングス新規事業(WEB担当)
2003年~カタリスト株式会社代表取締役
2008年~クーセイズ株式会社取締役(前 代表取締役)
2018年~社会福祉法人松壽会理事長
2021年~ライフジェンス株式会社取締役副社長/COO
取締役/CTO 宇野 和彦(Kazuhiko Uno)

新卒入社のSoftVisionで国内トップレベルの開発環境に所属し、良いものだから売れる訳では無いことを実感。サン・マイクロシステムズでは、世界規模の会社での仕事の仕方や、ドラスティックな判断など日本の企業との差を体感する。その後、OSSを利用した総務省の政策評価システムの構築や、システム化の難しい生鮮業界向けのサービスの構築等で業態に最適なシステム開発が評価される。2004年に開発者が搾取されずに働けることを目指し独立。開発言語を問わず、サービスやアプリケーションに適した設計を実践。開発組織立ち上げや評価制度の作成の支援なども行っている。アジャイル開発導入も行っており、ウオーターフォール型の開発組織にスクラム開発を導入し成功した。

最終学歴:大分大学 大学院 工学研究科 知能情報システム工学専攻(1997年卒)

略歴
1997年~1999年株式会社SoftVision自社パッケージソフト開発・受託開発
1999年~2002年サン・マイクロシステムズ株式会社QAエンジニア・ドキュメントエンジニア
2002年~2004年マスキット株式会社コンサルティング・受託開発
2004年~有限会社末広ネットワークス代表取締役社長
2021年~ライフジェンス株式会社取締役/CTO